pppoe
pppoe







<所属または関係団体>








固定IPアドレスの再販は安定した積み上げ型ビジネスです。
ITビジネスの基本は積み上げ型のモデル
 毎月0(ゼロ)から売り上げを作るのは至難の技です。ITビジネスの魅力は小額でもあっても契約を重ねる毎に月額の固定売り上げが積み上がる事と 請求を自動化する事です。請求を自動化する事で手間が発生するのは契約時だけです。固定IPアドレスはインターネットで必須のアイテムです。小額ですが一旦契約すると契約先は 長期に渡り利用する事となり安定した積み上げ型のビジネスモデルとなります。また、請求の方式も金額が固定であり月次単位で自動化しやすく管理も容易に行えます。
 早速、お得意先様に新たなアイテムとしてご提案ください。

NTTフレッツ利用の為、日本全国への固定IPアドレス配付が可能。
 何処からでも申請でき全国へのデリバリが可能です。つまり市場は全国にあります。
「例えば、北海道の札幌から申込み、九州博多のお客様に利用頂く事ができます。」
 主に固定IPアドレスはサーバー等のシステム運営に使われマシンが動き続ける限り必要なものとなります。 サーバーはwebまたはmailが多くこれらの仕組みは一旦、運用すると絶えまなく動き続けます。今まで企業等に依頼されサーバー設置に携わってこられた技術系のビジネスは 多くありました。それに加え、固定IPアドレスも手配し毎月単位で利用代金を回収されますと、サービス単価の向上になり、より多くの収益につながります。
 日本全国の地域でも同じサービスが展開できる事から、広域に安定したビジネスを展開する事ができます。

[ 弊社事例 ] 固定IPアドレス1本の手配(既に全国100箇所以上に納入)
 ==>固定IPアドレス1本での原価は2,160円/月です。弊社では屋外に監視カメラを専門に設置されている業者様に対して固定IPアドレスを確保させて頂いております。 初期設置工事費用はルータの設定費用を頂戴しております。月次のランニングはネットワーク監視費用として1,080円を加算し、毎月3,240円を請求しております。 現在では台数も大幅に増えて月次の売上は30万以上、粗利は10万円以上となっております。月次100万円をご請求するのも余り遠くは無いと思います。

固定IPアドレスは業者によって価格差が大きい。
 固定IPアドレスの再販は新しいビジネスでその扱い業者は少ない状態です。その為か地域の格差も大きく業者によって価格が大きくなっています。 特に営業マンによる地域提案を行っている業者様の場合、高額に提案される事が多々あります。すでに導入済の場合でもヒヤリングする事で価格差により再販のチャンスが生まれます。 是非、この機会にサービス価格を再確認され、商談を成立されては如何でしょうか?

 固定IPアドレスの知識を持つ事は多くのビジネスチャンスを得る事になります。是非、ネットワークの仕掛けの秘けつを学んでください。